So-net無料ブログ作成
検索選択
何でもない日 ブログトップ

いつの頃からか☆ [何でもない日]

「カタカタッ」って音で目覚める。
「あっ、もうそんな時間かぁ〜 起きなくちゃ。」って、まだ寝ていたい気持ちにムチうって起きる。
ベッドから降りる時、ベッドの横に置いた文のベッドの中で気持ちよさそうに眠っている文の頭を撫で、「ゆっくり寝てていいからね。」と言って部屋を出、洗面所のパパに「おはよう」と声をかけキッチンへ。

まず、お湯を沸かす準備をしながら、朝ごはんの支度。

フッと、気がつくとキッチンの入り口の近くに文が立ち止まった状態でママを見ている。

そんな文に「おはよう」って声をかけると、「やっと気がついたか」って顔をして暖まった床暖の上で、再び眠る文。

そんな文の様子を見ながら、洗面所で身支度を進めるパパの進行状況を耳をすませながら確認しながら、朝食をテーブルに並べ、出来るだけ暖かく食事ができる様仕事を進める。

そんなママのちょっとした心遣いがわかるのか、朝食を済ませ食器をキッチンへ運ぶ時、「あぁ〜暖かい食事ができて体もぽっかぽかになったよ」と毎朝行ってくれるパパ。

これから2時間、長い電車の旅。
少しでも、気持ち良く出勤してほしいと思いながら、毎朝パパを送り出す。

今は、こんな流れが我が家の朝。
毎日同じ様でも、振り返れば朝の流れは少しずつ変わってきている。
結婚した頃は、目覚ましの音で目覚め、朝食が出来た頃パパを起こすというのがパターンでした。

娘が生まれてからも、やはり一番に起きるのは私。

それが、数年前パパの勤務場所が変わり、家から2時間の通勤になってからパターンが変わった。
通勤時間2時間ですから、5時に起きなくてはいけない。
まぁ、普通に考えてパパが5時起床なら、妻の私は四時半くらいに起きて食事の支度をしなくてはいけないのだろうが・・・・無理です。
でも、無理と言ってもしなくてはいけないのだろうと思っていたら、パパが「一緒の時間に起きてくれればいい」と言ってくれて、それからは同じ時間に起きているんですけど、ここにちょっと問題が・・・・

それは、目覚ましが鳴る前にパパは時計を止めてしまうんです。
パパは、目覚ましが鳴る前に目覚めることができる。(羨ましい)
私は・・・パパが起きる動作で目覚めるんです。
でもね、時々パパが起きたことに気づかず、今日の様に洗面所からカタカタと物を動かす音で目覚めることも。

っていうと、「パパさん自分が起きる時ママさんに声かけてあげればいいのに」と思われる方もいらっしゃると思いますが、パパは声はかけていきません。
それは、私の睡眠時間というか、あまり寝ていないと思って気を使ってくれるんです。

実は、我が家の娘の仕事は普通の仕事ではないので、帰りが1時頃になったりするんです。
夜遅くまでの仕事の上、やっぱり通勤時間2時間なので職場を11時近くに出て電車に乗ると11時半近い。
家に着けば1時頃。
そんな娘をずっと待っていて、起床5時は辛い。

睡眠時間が短い日が続くと、たまに具合が悪くなってしまうこともあったので、パパは無理に起こさないんです。


でも、これが若かったら、きっとどんなに辛くてもパパより先に起きてたと思いますが、歳を取ると妻もだんだん図々しくなって、「無理しなくていいよ」なんて言われると「はい」なんて素直にいうことを聞いたりするんですよね。(笑)


今じゃ、ダメダメ妻ですが、初めからダメダメではなく、いつの頃からか少しずつ図々しい妻になってしまいました。(⌒-⌒; )


ただ、こんなダメな妻でも、いつも気遣ってくれるパパに日々感謝。
本当に、私にはもったいないくらい優しくて素敵な夫なんです。(^_^)☆

ありがとう。





今日は、家から出てすぐの道の桜が綺麗だったので、写真に収めてみました。

IMG_2024.JPG

家の周りは、桜の木が沢山あって、わざわざ遠くへお花見へ行かなくても毎日楽しめる環境に感謝。


そして、近くにあるアウトレットの所へは、この時期菜の花畑と桜のコラボで春色に・・・・。

IMG_2027.JPG

黄色が鮮やかでとても素敵。
ここで、写真を撮っている方が沢山いらっしゃいました。
ちなみに、夏になるとひまわり畑になるんです。
パパは、黄色が大好きなので、ここのお花畑が好きなんです。(^_^)☆


そして、今日の文は・・・・

IMG_2029.JPG

甘えん坊なのかなんなのか、ママの後をずっとついて来て・・・・というと、今日だけにお思いでしょうが、文は毎日ママにひっついています。
おかげて、ママは内緒でおやつが食べれない。(⌒-⌒; )




水曜日☆ [何でもない日]

水曜日。

週に一度、一人暮らしをしている母の所へ行く日。
87歳の母は、8年前に父が他界してからずっと一人暮らし。
見た目は、決して87歳には見えず、娘の私が言うのも変ですが、歩かず顔だけ見ていれば70台半ばからちょっと入ったくらいにしか見えない。

とは言っても、87歳には変わりなく、体の方は腰や膝が痛かったり、2〜年前辺りから耳が聞こえにくくなり、最近では益々耳が聞こえにくくなってきたと嘆く。

しかし、耳が聞こえにくくても補聴器をしたがらず、それでも公の場で相手の言ってる事が聞こえにくいのでは・・・・ということで、昨年病院や市役所や銀行で話をする時だけ使う補聴器・・・・というか、相手の声を大きくする様な機械を買って持ち歩く様にした。
けれど、この機械は音を大きくするだけなので、雑音を消すことはできない。
その為、母は使いたくないと言って引き出しにしまいっぱなし。

母を悪くは言いたくないが、昔から少しでも気に入らないと、どんなに高いものでも捨ててしまったり閉まったままにする。
我儘というか気ままというか、困った性格。

ところが、本当に最近は耳が聞こえにくいらしく、補聴器を欲しい様な話をしてきた。
が・・・・
私、物を無駄にする母がとっても許せない。
でも、耳が聞こえないのは困る。

耳が聞こえないということは、言葉の判別ができなくなって脳にもかなりの影響がある。
それで、補聴器のレンタルをすることにしてみた。
レンタルなら、気に入らなければ返すだけ。
無駄にならない。

それで、母を連れてメガネ屋さんへ。

色々耳のチェックをしてもらい、母の耳にあった音の大きさに調整してもらい、補聴器生活開始。


補聴器を付けてもらった後、すぐには帰らず近くのカフェでお茶をしていくことにした。
それは、しばらく会話をしながら不具合を感じたら、もう一度お店の方へ伺おうと思ったから。

お茶をしていると、母が「ねぇ、私の顔の表情変わった?」って聞くので、「表情?」ってと聞き返したら、「いつも、耳が聞こえにくいから、人と会話する時不安で、きっとその不安が表情に出ていたと思うの。」と。
なるほど・・・・でも私「特に変わっていないと思う。それに、お母さんは私と話す時、いつも強気で不安な顔してないし・・・・」と嫌味を。(笑)

なんて、どうでもいい話を話していると・・・・

あっ!違うかも。

話をしている母の顔、やっぱり違うと感じたんです。

不安な表情がなくなったというのではなくて、「しっかりした顔」になったというのでしょうか。
人の話を理解して会話しているという顔をしているんです。

本人に、「顔の表情、確かに違う。しっかりした顔になったようにおもうよ。」って言ったら、とても嬉しそうな顔をする母。


補聴器の効果、実感してくれたかな?

レンタルの使用期間は、2週間。
その間にも、色々調整してくれるらしく、また来週お店の方へ行って使いにくいところを直してもらうことになっている。
この2週間で、補聴器に慣れてくれたら、本格的に補聴器を買うことにしている。

でも、母は「レンタルだと気を使うからこれ買ってもいいんだけど」なんて言うけれど、幾つになっても自分の性格を理解してない母に苦笑いの私。


歳を重ねる度に、体の不調がおこり、目が見えにくくなったり耳が聞こえにくくなったりするけれど、それは仕方ないこと。
だから、メガネや補聴器、歩きづらいのであれば杖をつかうなど、いろんなツールを使いながら、少しでも快適に生活をしていってくれたらと願う。






今月は、母の救急車騒ぎがあったり、パパのお父さんが急に入院したりとバタバタな我が家。
気がついたら、ブログもずっとお休みしてしまいました。
書きたい事も色々あって、途中まで書き止めてしまったものも。
そんな時、テレビで「水曜郵便局」(ちょっと、名前あやふや)を知りました。
その郵便局は、廃校になった小学校を利用してつくられた郵便局。
水曜というのは、その小学校が海の上にあり、学校の窓からつりをしたり出来る学校だったか。(すみません、家の仕事をしながら聞いていたので、正しいか)

さて、その水曜郵便局に届けられる手紙は、日常の何気ない話を書いて送られてきます。
そして、送られてきた手紙は、同じように手紙を送ってきた人の中から違う差出人に送られる。
要するに、自分の書いた手紙は自分の知らない人の所へ送られて、自分の所へはまた知らない人が書いた水曜日のお話が送られてくるんです。

聞いいてて、何気ない1日の出来事を自分の知らない人が読むって、何か変な気もしますが、でも何か温かい感じもして素敵だななんて思ったりもしたんです。


それで、私も真似して「水曜日」のお話として母との水曜日を書いてみました。(^_^)☆


どこかへ行った話とか、なにか特別な事があった話ではなく、普通の日常の話・・・・つまんないようだけどつまんなくないようなそんな話を書いてもいいのかな・・・・なんて思ったりしました。


久しぶりに書いたブログ、母のつまらない話ですみません。(⌒-⌒; )


それでは、お口直しに・・・・

IMG_2011.JPG

ならないかもしれませんが、文くん最近またまた成長しパワーアップ。
いつまで成長するのか・・・・ちょっと恐怖におののいているママです。(⌒-⌒; )


何でもない日 ブログトップ