So-net無料ブログ作成

涼しくなったので☆ [料理]

あの夏の暑さは、どうしたの?
と、聞きたくなるくらい急に涼しくなって、過ごしやすくなって嬉しいけれど、あまりに突然で着るものに困ってしまいます。(⌒-⌒; )

今年の夏は、人間の平熱をも超える暑さで、且つ湿度が高かったからとっても辛い夏だったような・・・

家の中は、クーラーを効かせていいたので、過ごしやすく・・・・
と言いたいですが、やっぱり外が外ですから、やっぱり体は疲れる。
でも、我が家は夏バテする者は誰もいなく、食欲だけは変わらなかったので良かったと思っています。

そして、暑いと何もやる気がでない。
頭の中では、気になることが沢山あって「あぁ、やらなくちゃ」と思いながら何一つ・・・・
あっ、ずっと気になっていたカーテンは洗いましたね。
これは、冬には寒くてできないことなので頑張りました。( ´ ▽ ` )ノ
その他は、未だにやらず残っています。ε-(´∀`; )

そんな、「やらなくちゃ」の中の一つに、「パンを作ること」があったんです。

娘とパパから要望があったんですけど、なんとなくダラダラしてしまって作る気になれなかったのですが、やっと涼しくなってきたら、気持ちも何となくパン作りになってきたので「ヨシッ」ってことで、昨日みんなが作って欲しいと言っていた「クランベリーのちぎりパン」を作りました。(^_^)☆

IMG_1591.JPG

このちぎりパン、「作ろう」と思ってから四日かかって出来上がったんです。
と、いうのも・・・
材料チェックして、足りなかった物は牛乳だけだったので、買い物から帰ったらすぐできるように、クランベリだけは刻んで出かけたんです。
帰って「さぁ〜作るぞ」と思って、それぞれの材料を調理台に出そうと、まず強力粉を出した時「んっ?」って、何か嫌な予感。
よく見たら、強力粉の袋は一度開封されていたんです。
どうも、何か作ろうと袋を開封しながら、何かで作るのをやめたんだと思うのですが、そのあと冷蔵庫へ入れておけば良い物を、何故か貯蔵庫の方で保管していたんですね。
でも、パッと見た感じ開封していない様にに見えたので、自分で開けたのを忘れて貯蔵庫へいれてしまったらしんです。
全くおっちょこちょい。ε-(´∀`; )

それで、その日は作るのをやめました。
その後、強力粉を買ってきて、再度「作るぞ」と思った時、またもや「ハタ」気になることが・・・
うちにドライイーストがあると思っていたんです。
箱もチェックしていた・・・・が、作る時になって、「いやっ、あの箱の色違うんじゃない?」って急いで確認してみると・・・・私が思っていた箱は、ドライイーストの箱ではなく、ベーキングパウダーの箱だったのです。

そんなことがあって、なかなかパンを作れなかったのですが、やっと昨日できました。

娘もパパも、出来上がったちぎりパンを見て「やっと、出来上がったねぇ〜」「なんか、長い道のりだったねぇ〜」なんて言いながらも、ちぎりパンを口にして「ん〜、本当にこのちぎりパンは美味しいね。」って喜んでくれました。

よかった、よかった。*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


と、ここに、このちぎりパンのファンが・・・・

IMG_1596.JPG
「ちぎりパンくだしゃい!」

お姉ちゃんが食べているところへ行って「何食べているの?」「僕も、食べていでしゅ。くだしゃい!」ってとりつく文。

お姉ちゃん困りながら・・・・クランベリのない所を探して、すっごく小さくちぎって文くんのお口へ。
もう、パンなのかどうなのかわからないくらいの大きさなんですけど、それでも文くん満足。
ちぎりパンの美味しさがわかったのか・・・いや、小さいから味がわからなかったのか、その後からも「頂戴」を言ってました。
多分、クランベリーの香りがよかったんでしょう。

犬も喜ぶ、クランベリーのちぎりパン。
今度は、ベーコンのロールにしてちぎりパンを作ろうかと・・・・

今、ちぎりパンはとっても人気のパンなんだそうですよ。(^_^)☆




作ってみました☆ [料理]

年のせいとは言いたくないのですが、気持ちはあっても何となくやる気が出ない日々。
日々・・・・というか、Kenが亡くなってから何となくやる気が起きない。
興味のあること、やってみたい事はあるんです。
色々考えるんですが・・・・
やっぱり、これは年のせいなんでしょうか。(-_-)


そんな私なんですが、先週文を幼稚園へ連れて行った時なんですが、先生が「文ちゃん、疲れて眠くなると隅っこへ行って寝ているんですけど、何かフローリングへ直に寝ているのでかわいそうなので、この間タオルを置いてあげたら、その上に乗って寝ていました。」って言うんです。

実は、幼稚園の日は自分のクレートを持っていくことになっているんです。
しつけ教室へレッスンに来た方の邪魔になったり、又は大きな子犬の場合安全を確保する為、クレートへ入れたりするので・・・・
それ以外の時は、自由に歩き回っていていいんです。

そんなわけで、疲れて眠くなったら自分のクレートへ入ればよいのですが、何故かクレートへ入らない。
入らないというか、文のクレートへ他のお預かりわんちゃんが入って寝んねしてたりするそう。

先生曰く「文ちゃんのクレートは、気持ち良いみたいなんです。」


文のクレートは、カジカジしてボロボロなんですが、中はこんな感じ。

IMG_1427.JPG

お友達のクレートの中は、おしっこシーツだけなんので、どうも文のクレートがお気に召した様で、いくら「ダメ」と言っても一旦は出て来てもすぐ入ってしまう。
文も「あれ?」って顔しても「いいよ」って譲るらしいです。(笑)

そんなこともあって、先生が隅っこで寝ている文にタオルを敷いてくださっているみたいなんです。
何とも有難いことです。(⌒-⌒; )

でも、文も隅っこで寝ることは、自分自身も安心感があってのことだと思うのです。
ただ、いつも先生にタオルをお借りするのも申し訳ないので、ママはあまりミシン得意ではないのですが、文の為にお昼寝マットを作りました。
「作りました。」と言っても、ただミシンでダァ〜っと縫っただけなんですけど。

IMG_1426.JPG

今度からは、このマットを隅っこに敷いといて頂くことにしようと思います。
まぁ、文のマットですが、誰がネンネしてもOKということにして、先生にはお願いすることにします。(^_^)☆


さて、今度はKenの事。

Kenが亡くなってから、毎日Kenの好きな物を供えているんですけど、些か最近何を供えて良いのか悩んでます。
それで、たまにママ手作りのケーキでもと思い、久しぶりにお菓子作りをしました。
亡くなってはいても、何となく体に良いものを・・・・と考えるのですが、今回はきなこパターケーキにしてみました。

IMG_1424.JPG

何の特徴もないので、「ふぅ〜ん」て感じですが、きな粉の香りがいいです。

文にも、チョピットだけ「お兄ちゃんからのおすそ分け」をしたところ、随分吟味していましたが美味しそうにペロッと食べてました。
Kenも、きっと喜んでくれているかな。(^_^)☆


やる気のないママが、今回かわいい息子二人の為に、久しぶりに頑張ってみました。( ´ ▽ ` )ノ



何か違う?☆ [料理]

月日の経つのは、本当に早いですね。
「あれ、もう10月」って言ってたら、今は11月も下旬・・・・というか、あと数日もすれば12月。
気持ちの中では、あれもこれもやらなくちゃと思いながら、何一つ手付かず。
困ったものです。(。-_-。)

そんな中、ふと「おせち料理」の事が頭に浮かんだ。
皆さんは、おせち料理の中で何が好きですか?
私は、「伊達巻」なんです。
これは、小さい時からずっと変わらず好きなんです。

私には姉がいて、姉は「栗きんとん」が大好き。
だから、お正月には誰に気を使うこともなく、好きな物を思う存分食べることができました。(^_^)
ところが、結婚して初めてライバル登場!!
それは、パパのお父さん。

まぁ、一緒には住んでいませんけど、お正月は我が家で新年会をするので、おせち料理の中の伊達巻を食べる時は遠慮がちになるんです。

でも、パパのお父さんには「遠慮せず、沢山食べてくださいね。(^^)」なんて言ったりして。(笑)
(ちょっと、気持ちと逆なことを言ったりする私。)

で、そんなことを考えていたら、不意に「伊達巻、自分で作ってみようかな?」なんて思いついたんです。

実は、お正月ではなくても、伊達巻が食べたくなると買って食べたりしていたんですけど、自分で作れたら、もっと気軽に食べれますものね。(^_^)

それで、伊達巻を簡単に作る方法を検索して調べ・・・・
作っちゃいました。

それが、これです。

IMG_1254.JPG

材料をフードプロセッサーでまぜまぜして、ただ焼くだけ。
なんですが、頭の中で思い描いた物とはなんとなく違った出来上がり。

まず、見た目・・・・
巻き簀は、家にあったものでまいたんですけれど、ちょっと細かすぎてはっきりと跡が付かなかったので、もう少し目の粗い巻き簀にした方が良かったようです。

そして、生地を丸いフライパンで焼いたんですけど、フライパンが小さかったのか生地が厚くなってしまい、形もまるな為巻きづらかったので、四角のトレーに流し込みオーブンで焼いた方が巻きやすかったかも・・・・と反省。

肝心の味・・・・
そりゃ、買った物の味とは違いますよね。(^^;)
不味くはないんですけど、カステラっぽい味で卵の香りが強い感じ。

総評として「失敗」というわけではないけれど、もう少し「要改善」です。

お正月の新年会は、勿論買ってきた伊達巻をおじいちゃんにはお出ししますが、私は自分のお楽しみとして、手作り伊達巻を頑張ってみようと思っています。(^^)



久しぶりに・・・・☆ [料理]

お弁当を作りました。
娘の為に、小学校から高校までの12年間毎日お弁当を作っていましたが、高校を卒業と共にお弁当作りは卒業。
高校の卒業式の日、娘から「12年間、毎日お弁当を作ってくれてありがとうございました。」と感謝の言葉を頂き、私のお弁当作りに幕を引いた・・・・

大学に入り、娘はたまに自分でお弁当を作って持って行ってたんですが、大学の授業が遅い時間の物が結構あったり、芸術系の大学はバイトもあまり出来ないくらいやる事が多く、家で食事を取るのも難しくなり、外食が増えて来たりしていたら、段々娘が痩せて来たのがすごく気になって来ていました。

疲れて来ると、お弁当作りもあまりしなくなって・・・・

それで、お昼くらいはまともなものを食べて欲しいと思い、この秋からまたお弁当を作ろうと決心。
とは言っても、週に二回でいいそう。

その一日目が今日。

久しぶりに作ったお弁当が・・・・こちら。

IMG_0024.JPG

・豆苗とベーコンの炒め物
・牛肉のガーリック焼
・紅生姜の卵焼き
・キュウリとカニかまののり巻き

のり巻きは、久しぶりにまきまきしたので上手く巻けず・・・・爆発!!(^^;)

失敗したお弁当ですが、まぁこれでご勘弁。(^^)

今日は、実家へ行く日なので、母と私の分も作りました。
お昼は、場所は違いますが、3人で同じお昼を頂きます。(^^)


Let's Try☆ [料理]

先日、いつもブログを拝読させていただいているぼたもちさんが、お豆腐のドーナツを作られブログに掲載されました。

もう、とても美味しそう♡
ドーナツは、浮き輪型ではなくコロコロとしたドーナツ。

その形がとても親近感を感じる形で思わず食べたくなるんです。
でも、作り方が分からない。
ただ、ホットケーキミックスとお豆腐を使っている事のみの情報。
そして、とても簡単に出来ると言う事。
やっぱり「簡単」という言葉はとても魅力的で、「簡単」と言われると作りたくなる。
しかし、我が家は皆忙しくお菓子を作ってもじっくり食べてもらえないので、最近はお菓子を作るタイミングを考えてから作る様にしている。

そして、今日は母の所へ行く日だったので、ドーナツを作って母の所へ持って行けば食べてもらえるだろうと思い、朝からドーナツ作り。

材料は良くわからなかったのですが、想像の世界で作ってみました。
卵にお砂糖を大さじ一杯入れ、良くかき混ぜてからホットケーキミックスとお豆腐を入れ混ぜる。
ホットケーキミックスとお豆腐の分量は、取り敢えず半々にしてみたら、少し緩い感じだったので、ホットケーキミックスを少しずつ加えて、ほどよい硬さに調節。

で、出来上がったのがこれです。

IMG_2514.JPG

味は、グラニュー糖をまぶしたのとシナモンの2種類。
お豆腐を使っているので、ふわっとしてとても美味しかったです。(^^)

でも、ドーナツの形が綺麗な○にならず・・・・残念。
ぼたもちさんは、とっても綺麗に出来ていたんですよ。(^^)

とても美味しいドーナツを教えてくださったぼたもちさんに感謝です。(^^)

今日は、成功!☆ [料理]

先日「いちごジャムクッキー」を作った時にパパッとお菓子を作りたいと言いました。
その思いを叶えてくれる人がいましたよ!

いつも言ってますが、私は本屋さんが大好きで良く本屋さんを見回りしています。
そして、またまた見回り中に、見つけてしまったんです。

この本を。

IMG_2428.JPG

この本は、「何か甘いものが食べたい」と思った時、一人分でも家にある材料で手軽に作れてしまう本なんです。
もう、私の思いが通じてしまった感じ。

早速作ってみました。

ペラペラとページをめくって行ったらもホットケーキの素で作れるもので、「チョコレートスコーン」があったので、今回はこれを作る事に。
材料もホットケーキの素と、チョコチップと牛乳とパターでできるのですから、何とお手軽。

しかし・・・・
ちょっと問題が。
これ、お手軽だからオーブンで焼くのではなくオーブントースターで焼くんです。
あまり火加減など考えず、ただ時間だけセットしほっといたら・・・・焦げてしまいました。(^^;)
でも、味は良かったんですけど・・・・

家族からは「あれ?焦がしちゃったのぉ〜」と言って、だれも手を出そうとしない。
「味はいいのよ。」と言って、無理矢理食べてもらったら、初めはパパも娘も恐る恐る口にしましたが、一口食べて「味はいいね!」といって完食。

でも、見た目が悪かったのがどうしても嫌で、今日もまた作ってみました。

今日は、焼けるまでオーブントースターの前にピッタリくっ付いて焦がさずに焼き上げました。
出来上がりは、こちら。

IMG_2421.JPG

お味もgood。
でも・・・・
何ででしょう。
出来上がりの雰囲気、本に掲載されている物と違う。

IMG_2429.JPG

なぜ?
と思いつつ、取り敢えず今日は成功と言う事で満足しておきましょう。(^^)


サンドイッチ☆ [料理]

今年も、「アッ」と言う間にゴールデンウィークが終わってしまいました。
みなさん、楽しい休日を過ごされましたか?

我が家は、毎年の事ですが何処へも行きません。
家族の予定が合わないというのもありますが、私は混んだ所がとても苦手。
なので、わりと近場のあまり人のいない様な所をウロウロ。
今年は、娘が大学の方で学生による企画コンサートを行う為、ゴールデンウィーク返上で日々頑張っていたので、パパとママもおうちで大人しく・・・・と思いましたが、一日くらいは良いんじゃないかなぁ〜ということで、横浜へお買い物に行ったのですが、すごい人出。
イベントの合間を狙ったのですが、甘かった。(^^;)
疲れきって帰って来ました。

6日の日は上記に書きましたが、娘達の企画するコンサートを観に、大学内のコンサートホールへ出かけました。
この学生企画コンサートの話も色々あるのですが、これについては後日書けたらと思います。


さて、やっと気候も良くなって来て、外へ出かける事が楽しい季節になりましたね。
いつも拝読させて頂いてる方々のブログの内容も、公園での素敵なひと時を書かれている方が沢山いらっしゃって、読んでいるとお弁当をもって出かけたくなります。


先日、いつもの様に本屋さんを巡回(笑)していたら「心がほっこりする本」というコーナーを発見。
どんな本がほっこりするのかと眺めてみると、ほとんど読んだ事ある本が並んでいて「あぁ〜なるほど。確かにほっこりする本だねぇ〜」なんて一人納得。
でも、私はほっこりする中でも、食べ物に付いて書いてある本が今の私の「マイブーム」。
それで、その「心がほっこりする本」コーナーに食べ物関連の本はないか探してみたら「それからはスープのことばかり考えて暮らした」と言う、ちょっと長いタイトルの本が目に入って来た。

IMG_2420.JPG

タイトルから「スープ」に関する事が書かれているのだろうと言う事ははっきりわかる。
あらすじを呼んでも、間違いなくそのようだった。
たまに、タイトルと内容が全然違うというか、何でこのタイトルになるのかと思う本もあるので、慎重に確認する。

で、この本は間違いないと判断した私・・・・買いました。(^^)


読んでいくと、スープの話より先に「サンドイッチ」が登場する。

路面電車が走るある町に一人の青年が引っ越して来て、その青年が住む駅の外れ?に「3」というサンドイッチの店の店主と出会い、青年はそのサンドイッチの店で働く事になる。

その話の中で、青年が店の店主に「美味しいサンドイッチを作るコツ」を聞く場面があるんですが、その時店主の返事が「コツなんてない。ただ手の指の細い人は美味しく作れる」って言ったんです。(台詞は正確ではなく、こんな感じの事を言ったんです。)

その部分を読んだ時、思わず自分のての指を見てしまいました。(笑)

サンドイッチって、誰でも作った事があると思います。
「美味しいサンドイッチ」は、中に挟む素材とかパンが問題だと思っていましたが、この本で「細い指」なんて意外な言葉にびっくり。

美味しいサンドイッチは、素材の問題ではなく作り手の「手の指の細さ」だなんて意外ですよね。
それも、ただ指が細いだけでなく、指先が丸っこいのがいいみたい。

ここのお店では、注文を受けてからサンドイッチを作ります。
パンもその時初めてスライスするんです。
読んでいて、作業はそのパンのスライスだけは違うけれど、後の作り方は普通の作り方と全然かわらない。
でも、サンドイッチの取り扱い方はとても繊細な感じが読んでいて伝わって来ます。

それだけ気を使っていたので、とても評判が良くお客さんが多かったのですが、近くでサンドイッチを出すカフェが出来てから少しお客さんの入りが悪くなり、その対抗策としてスープを作る事になるんです。
サンドイッチに合うスープ。
色んな人との出会いから、新しいスープを作り出す。

読んでいて、いつもの如くサンドイッチが作りたくなり、またそれに合うスープは何か・・・・
なんて考えてしまいました。(^^)

我が家のサンドイッチは、卵とキュウリ・タマネギ・ハムをみじん切りにしてマヨネーズで和えた物。
そして、本で作っているサンドイッチはパンがふわふわした感じなんだと思いますが、パパは出来立てよりも冷蔵庫でしばらく寝かせたシットリタイプのサンドイッチが好きなんです。

そのサンドイッチがこれです。

IMG_2401.JPG

タマゴにはスライスしたキュウリも入れてみました。(^^)

私は、サンドイッチを作った時にあまりスープを添えるという考えはないのですが、パパがサンドイッチを食べたがる時、必ず「それとクリームシチューかな」なんて言うんですけど、本の中でスープを作る話を読んで「へぇ〜サンドイッチとスープってセットなのかなぁ〜」なんて。
でも、本の中でもサンドイッチに合うスープを色々考えていましたが、本当にどんなスープが合うのか・・・・


でも、私は牛乳があまり好きじゃない。
クリームシチューは食べられますが、好んでではない。
それで、合うか分からないけれどビーフシチューならぬポークシチューを作りました。

IMG_2403.JPG

パパは、「good」といってたけれど・・・・パパは合う合わないというより、それぞれが好きなだけなんだと思います。

さて、サンドイッチに合うスープ・・・・


本の中でそのスープの作り方が書かれています。
美味しいスープは、やっぱりサンドイッチと同じ様に素材だけではない様です。


皆さんのおうちで作るサンドイッチは、どんなサンドイッチですか?
そのサンドイッチに合うスープ・・・・なんでしょうね。(^^)





本当は、かわいいんだけどねぇ〜☆ [料理]

何となく、クッキー作りにハマってしまった様です。(^^;)
と言っても、そんなに作っていませんが・・・・(笑)
先日の「いちごジャムクッキー」が思いのほか美味しかったので、母にも食べさせてあげようと再び作りました。
今回は、もっと上手く出来ると思って作ったら・・・・
ジャムが好きなので多くし過ぎた為に、ジャムが流れてしまいました。(^^)
そのジャムも、安いものを使った事も良くなかった。
やっぱり、果実の実がしっかり入っている方が流れ出さないんですよね。(^^;)
ケチっちゃダメ!
お金をかけるところはかけないと失敗しちゃう・・・・反省。(- -)

で、見場の良い所をチョイスしてラッピング。

P4241204.JPG

その後、もっと通常家にある材料で作れるクッキーを検索していると・・・・ありました!
材料は、薄力粉と砂糖とサラダ油だけという何ともシンプルな材料で、それもすごく可愛い。(♡♡)
それに、道具がボールとヘラだけでいいから片付けが楽。
なんて、私の理想にピッタリなんでしょう。(^^)

で作ってみたのがこれ。

P4241206.JPG

残念ながら、私の混ぜ方が足りなかったのか、クッキーにヒビが・・・・
ヒビが入った事で、かわいいお顔になる所がおじいさん顔になってしまった!(> <;)

簡単と言っても、しっかり混ぜて生地を馴染ませないと、焼いた時にヒビが入ってしまう。
それに、もともと崩れやすいクッキーらしいので、焼いた後は冷めるまで触らないこと。

味は、簡単なわりに美味しい。
サクサクしていて、ボーローを少し硬くした様な食感。

色んな顔を作ると、食べる時楽しいかもしれません。(^^)

このクッキーは人気があるらしく、2位にランクインしてました。(^^)

今度は、失敗していない「可愛い」お顔のクッキーをご披露したいです。
しつこい様ですが、成功すれば本当にかわいいクッキーなんですよ。(^ <)





いちごジャムクッキー☆ [料理]

私の好きな「西の魔女が死んだ」の映画の中で、おばあちゃんが夜まいの部屋へ焼きたてのクッキーを持って来るシーンがあります。
おばあちゃんは、「夜突然クッキーが食べたくなって焼く時があります。」っていうんですけど、私はその言葉を聞く度に「良いなぁ〜 そういうの。」って思うんです。
それは「食べられて」良いと思うのではなく、思い立った時にパパッとというかササッと作る事が出来る事に羨ましさを感じるんです。

私の場合、何かを作る時には必ず材料の買い出しから始まる。
だから「食べたい」なんて夜中思ったからってすぐに作れるわけがない。
でも、おばあちゃんの様に食べたい時に作れるっていうのは、常日頃の生活の中にそういう材料が揃っているって事と、とてもシンプルに作るんだろうと思う。

私も、家にある材料でシンプルにお菓子作りが出来たら、どんなに楽しいだろう・・・・
と、思っている所にこの雑誌で美味しそうなクッキーを発見!(@0@)

P4211201.JPG

「いちごジャムクッキー」

私、いちごジャムが大好きなんです。
もうそれだけで、このクッキーが作りたくなる。
それに、材料や作り方をみたら材料はとてもシンプルで作り方もシンプル。
何よりも、時間がかからないのがいい。
私の望み通り。(^^)

それで、お昼ご飯を食べてから三時のおやつを作る事にした。

材料は、混ぜるだけなのでアッと言う間に出来上がり!!(^^)

P4211199.JPG

P4211200.JPG

食べ切れない分は、瓶に入れて保存。


そして、このクッキーをとても喜んだのは・・・・

P4211202.JPG

Kenです。(^^;)
クッキーの焼ける匂いでお目めが覚めたらしく、キッチンのカウンターの所からキュンキュン言ってたんです。
でも、まさかクッキーが欲しいなんて思ってもいなくて、多分お散歩へ行きたいと言ってると思い、「今は雨で道が濡れているから、もう少し乾いてから行こうね。」なんて言ってたんです。
すると、滅多にキッチンには入って来ないKenがキュンキュン言いながらキッチンへ入って来た。
キッチンへ入って来る時は、かなりお腹が空いているかおやつが欲しい時。

余程クッキーの焼ける匂いが良かったのでしょう。

クッキーが焼け、焼け具合をパパに見てもらおうと、クッキーを焼いた鉄板を持ってリビングへ行くと、その臭いの後からKenが付いてきた。
それで、「Kenは、これが食べたいの?」って聞いて、一枚クッキーをKenの前に差し出したらクンクン臭いを嗅いですぐにシッポをパタパタさせ「お手」なんて言ってないのに、自らお手をして来た。
仕方なく、ひと欠片あげると・・・・もっともっとと催促。
余程美味しかった様でした。
結局、ジャムの部分は覗いて一枚ぺろりと食べましたよ。(^^;)

手軽に作れるお菓子は、とてもシンプルで素朴な味だけど、何となく懐かしく心がホッとしますね。

子どもの心に残るお母さんの手作りお菓子・・・・作れる人を尊敬します。(^^)



ストーブ鍋で☆ [料理]

以前、ストーブ鍋を買った事を書きましたが、あれからストーブ鍋専用の本を購入して時々料理してみました。
簡単に出来るというイメージでいたのですが・・・・
確かに、簡単というか火をあまり使わないと言う事ではガス代が節約出来るかもしれない。
しかし・・・・
そんなに、楽が出来る訳でもない様に思う。

料理によっては、超スピーディーに出来上がるものもあるけれど、大体は時間がかかる。(- -;)
それに、食材への火の入り方が今ひとつ分からない。
今、色々と試行錯誤しているところ。
これは、何回も使ってみるしかない。

ということで、今日はこのストーブ鍋で「和風ビーフシチュー」を作ってみた。
ビーフシチューなので、当然使うお肉は牛肉なんですが・・・・私は牛肉があまり好きじゃない。(^^;)
それで、我が家は「ポークシチュー」になります。(^^)

これも、火にかける時間はあまりないのですが、出来上がる迄三時間半。

IMG_2349.JPG

大変ですが、その分お肉はとっても柔らか。
ただ、やっぱりジャガイモが・・・・今ひとつ。
でも、見た目は如何ですか?

IMG_2351.JPG

和風ポークシチューなので、ライスかなと思ったんですが、何となく気分はガーリックパンを食べたかったので、フランスパンにしました。(^^)

味は、美味しかったです。
でも、ジャガイモが硬かったのが残念。

まだまだ、ストーブ鍋君との息があいませんねぇ〜

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。