So-net無料ブログ作成
検索選択

ツバキ文具店☆ [読書]

昨夜は、突然携帯から緊急を知らせるアラームが突然鳴り響き、「エッ!?」って思う間もなく、足から突き上げる様な感覚の後グラグラと揺れ出し・・・・地震です。((((;゚Д゚)))))))
文は、ママの座っていた椅子の下へ潜り込んで来ました。
昨日は、娘は仕事がお休みで、パパは帰宅が早かったので、家族全員が揃っている時に起きた地震だったので、家族の心配をせずに済みまししたが・・・・恐かった。

こんなに、地震ばかり起きて東日本の復興もまだまだ途中で、先日の熊本地震もこれから復興に向けて頑張らなくてはいけない今、東京オリンピックなんて出来るのか・・・・というか、やっていいものなのか・・・・と思うのは私だけなのかなぁ〜


さて、この所忙しくてゆっくり本を読む時間がなかったのですが、先日やっと読む時間が出来たので、今日は久しぶりにその本の話をしたいと思います。

ところで皆さんは、毎日「字」を書いてますか?

今は、会社で書類を作るにしても、誰かに連絡するにしてもPCか携帯が主流の為、ペンを持って自分の手で字を書く事って少なくなりましたよね。
それに、PCで文章打ってプリントした物はきれいですから。

だから、年賀状なども殆どがプリント。
自筆で書かれている年賀状は、なかなか見られなくなりました。
でも、それって何となく悲しいというか寂しいというか、相手を感じられないんですよね。
書類ならば、内容が読みやすければ良いので、相手を感じられる必要はないけれど、手紙は文章と書いた人の自筆からその人の気持ちが伝わってくる。
どんなに、字に自信がなくても手書きは大切な事ですよね。

私は、小学校へ入学し、文字を書き始めた頃から字を褒められてきました。
社会へ出てからも、字を褒められて居ました。
私が社会へ出た頃はまだPCは普及されていなくて、あってもワープロくらいでした。
そのせいか、大切な書類や企業宛の手紙などは、まだまだ手書きが多く、その為よく代筆を頼まれたりすることが多かったです。

後輩で、私の字が好きだと言って私の字を真似て書いていた子がいましたが、本人の私が自分の字かその後輩の字かわからないくらい、その後輩は完璧に私の書く字にそっくりな字を書く様になったんですけど、それってすごいですよね。
私は、字を褒められてきたけれど、人の字を真似ることはできなかった。
でも、私の字を真似ることができたってことは、その後輩は私なんかより字が上手なんだって思うんです。

あっ、自分が「字」を上手に書くって事、別に自慢しているわけではないんです。
今でも、知人や人に頼まれて手紙を書く事があり、私の手紙を貰った人はすごく褒めてくれるんですが、正直自分では、なんでここまで褒めてくれるのかわからないくらい、自分では上手という自覚はなく、ただ字を書く事は嫌いじゃない。
相手の方を考えて、文章を書き進める時はとっても楽しい。

そして、文字を書く道具を探すのも大好き。
「何とかは、筆を選ばず」って言葉がありますが、私は筆をバリバリ選びます。
って事は、決して私は字が上手って事ではないんですよね。(笑)

でも、素敵な筆記用具に出会うとすごく嬉しい。
素敵な筆記用具に出会うと、誰かに手紙が書きたくなる。
もし字を書く事が仕事にできたら、楽しいかもしれないなんて思ったり。



先日、新聞を見ていたパパが「あっ、ママが好きそうな本が出たよ。」と言って、見ていた新聞を私の方に差し出してくれ、見るとそこには「確かに、面白そう。」と言って、早速その本を買ってきました。
その本は・・・・



「ツバキ文具店」

IMG_2086.JPG

ツバキ文具店は、鎌倉に有り店主は雨宮鳩子。
通称、ポッポ。
ポッポというのは、言わずともお分かりでしょうが鳩子の鳩からポッポ。
ツバキ文具店は、ポッポのおばあさんが営んでいたお店で、ポッポはおばあちゃんの亡くなった後、この店を引き継いだのです。
ポッポは、自分のおばあさんを「先代」と呼ぶ。
ポッポは、おばあちゃんに育てられた。
おばあちゃんは、小さいころからポッポを厳しく育ててきた為、ポッポにとっておばあちゃんと呼ぶにはどこか親しめないところがあったのでしょう。
だから、おばあちゃんではなく「先代」と呼んでいたようです。

ツバキ文具店は、文房具を売る店ですが、それだけではなく「代書屋」もやっているのです。
その為、ポッポは小さいころから先代に「字」の書き方を厳しく躾けられてきたんです。
そして、先代が亡くなった後もポッポは代書屋をしている。

代書の依頼は様々。
お得意様への年賀状や暑中見舞いは当たり前ですが、その他に昔好きだった人へのラブレター、謝金依頼に対しての断り状、離婚の報告、絶縁状など。

そんな、依頼された手紙の代書を書きながら、ご近所の方々とのふれあいを交え、ポッポの成長を辿って行く。



「代書屋」って言葉、昔聞いた事がある様にも思いますが、でも実際にどんな事するのかは良く知りませんでした。
今はないと思いますが、昔は「宛名書き」のアルバイトがありましたが、代書屋もそんな感じなのかと思っていましたが、本の中の代書屋はそんな単純なものではなかったんです。

依頼の内容によって、依頼者の身になって依頼者が書く様な文字で手紙を書くんです。

文章は、何とかなるにしても文字まで依頼者に近い文字っていうのは驚き。
正直言って、本を読み始めた時「代書屋って、楽しそう。今もあるのなら、私もやってみたい。」なんて思ったんですが、読み進むにつれて・・・・「無理」って思いました。
全身全霊の代書屋は、俄ではできない仕事と思いました。
(読んでいて、先に書いた私の字を真似た後輩は、きっと代書屋になれるなぁ〜なんて思った私)

でも、それぞれの手紙を代書いる時、手紙を書く紙やペンそれとインクの色までも考えるんですけど、それは楽しそうなんですよね。

本の中で、昔の恋人へ手紙を書く時に選んだペンが、私も持っている佐々木定治郎さんが生みだした「ガラスペン」で、ガラスペンの歴史とかガラスペンの特徴、そしてガラスペンにインクが染み込んでいく時の様子や書き味から注意しなくてはいけない事など、同じガラスペンを持っていて実際に使っているものでしかわからない文章があるんですけど、読んでいてあんなに感動した事はなかったです。

その他にも、手紙の書き方の説明や薄いインクを濃くする方法とか、本当に読んでいて楽しかったです。


「代書屋」さんに興味のある方やペンや紙に興味のある方、また鎌倉が好きな方、一度読んでみてはいかがでしょう?
とっても楽しい本でした。(^_^)☆


今度、私は本の中に出てきた、伊東屋のオリジナルボールペン「ロメオNo.3」を見に行こうと思ってます。


一つとしをとりました☆ [日記]

5月7日は、私の誕生日です。
5月は、母の日があるので、プレゼントの数・・・・減ってしまう。(笑)
なのに、今年は1日が日曜日だったので、母の日は8日になってしまったので、お祝いが誕生日と母の日を一緒にする事になって・・・・私、結構かわいそう。(笑)

5月が誕生日って、12月がお誕生日くらい不幸かも。
と言ったのは、私ではなく、娘の会社の上司の方。
娘が、私の誕生日の話をしたらそう言われたそうです。(⌒-⌒; )


ちょっと、不公平感を感じつつも、家族は私の誕生日祝いをしてくれ、フレゼントまで用意してくれました。(^_^)☆

誕生日当日、娘は仕事を休む事が出来ず、勤務も10時までだったので、前日「一日早いけど」って言って渡されたプレゼントはメガネケース。

IMG_2082.JPG

何でメガネケースなのかなぁ〜
理由は言ってなかったんですけど、多分私がメガネをリビングテーブルの上にポンと置いているからかもしれません。
メガネは、三つ持っていて、それぞれベッドサイドテーブルの上(寝る前に、本を読むので)とリビングのテーブル。
そして、出かける時に持ち歩くメガネ。
持ち歩くメガネはケースにいれているのですが、他はむき出しのまま。
それぞれ、すぐに使うからケースは必要ないのですが、娘はちょっと気になっていたんでしょうね。

ケースの中を見たら、メガネの鼻の部分を保護できるように、しっかりした皮が添えられていて、なかなかの物。

IMG_2083.JPG

とっても気に入りました。(^_^)☆
そんな私の様子を見て、娘はホッとしたようで「よかった。本当に気に入ったようだね。ママって正直だからねぇ〜ドキドキしちゃった。」と言ってました。(⌒-⌒; )
(私は、嬉しい時と嬉しくない時の表情がはっきり顔にでるらしいんです。結構失礼な人間なんですね。自分では意識ないんですけど・・・・ )

という事で、誕生日当日はパパと二人の食事だったのですが、お楽しみが一つあったんです。
丁度1年前に買った日本酒があったのですが、そのお酒は「1年後に飲んでください」と言われていたもので、一年間我が家の冷蔵庫で眠っていたんですけど、パパが「ママのお誕生日に飲もう」と言ってくれていた日本酒だったので、当日は一年経った日本酒がどうなっているのか、二人でドキドキしながらそのお酒を飲みました。
そうそう、パパからもプレゼントいただきましたよ。

IMG_2079.JPG

パパも娘も、プレゼントを買う前に「何か欲しい物ある?」って聞いてくれていたんですけど、この歳になると欲しい物なんてないんですよね。
娘は、いろいろ考えて選んできてくれましたが、パパにはキーホルダーが随分古くなっていたので、キーホルダーをお願いしました。
それで、私の好きなお店のキーホルダーをプレゼントしてもらったんです。

IMG_2080.JPG

犬のモチーフ、かわいいでしょ?
このわんちゃん、立つんですよ。

IMG_2081.JPG

すごく、気に入ってます。(^_^)☆


そして、翌日の母の日は、一日遅れの誕生日パーティーをしてもらい、家族でゆっくり食事をしました。パパがケーキも買ってくれました。

IMG_2085.JPG
(母の日に買うと、ケーキに母の日ありがとうのラベルが付けられていて、取ってくださいとは言えないよなぁ〜と苦笑いしていたパパです。でも、ひのラベルの付いたケーキはパパが食べたんですよ。笑)

このケーキは、食事の後だと私がいつもお腹いっぱいになって食べられなくなるからと言って、3時のティータイムに頂きました。
私は、フルーツのケーキが大好きなので、ちゃんとフルーツタルトを用意してもらって、美味しく頂きました。(^_^)☆

今年も、誕生日を家族に祝ってもらって、素敵な一年が始まりました。(^_^)☆


子供の日 [文日記]

ゴールデンウイーク、皆さん楽しく過ごされたでしょうか?
我が家は、毎年同じで・・・・どこへも行きません。(笑)
特に、今年は・・・・どこへも行きません。
いつもなら、近くの公園へ犬を連れてお弁当を持ってピクニック?くらいはするんですが、今年は家の片付けなどでゴールデンウィークが過ぎてしまいました。
何気なく、「ゴールデンウィークに、お家の片付けなんてする人いないよねぇ〜」と言っていたら、タイミング良くテレビから「ゴールデンウィークは、何して過ごしましたか。」みたいなアンケート結果を言っていて、1位が「家の片付け」だったんです。
すると、パパが「ホラッ! 何日かお休みがあると家の片付けする気になるんだよ!!」と自慢気にいうじゃないですか。

よくテレビで「ゴールデンウィークは、どうされますか?」の質問に「海外旅行」とか「帰省」とかって、多くの方がどこかしらへ行くというので、どこへも行かないのは我が家くらいかと思っていたので、「家の片付け」って人がいることに、仲間が増えた様でちょっと嬉しかった私です。(笑)

でも、本当に自分の為のお休みがなかったんです。
前半は、義父の様子を見にいったり、後半は実家の母を呼んでしばらく面倒をみたり、その合間合間に家の片付け。

「あぁ〜疲れた」って感じです。

文は、実家の母が来ている間、色々神経使っていたようで、母が帰った日にはお家の中を思う存分走り回ってストレス解消していました。
母には、実家へ連れて行ったりしていたのであまり警戒しないのかとおもっていたのですが、どうも自分の家の中に入ってくる人は警戒するみたいなんです。

沢山気疲れさせてしまった文に、パパが何かおもちゃを買ってあけよってことで、子供の日に文の大好きなガーコちゃんを買ってくれました。

IMG_2070.JPG

このガーコちゃん、以前ブログに載せた事がありますが、以前に買ったガーコちゃんは汚れては洗い、汚れては洗いをしていたんですけど、だんだん汚れが取れなくなって衛生的にちょっととおもっていたんです。
でも、素材がオーガニックなので結構素敵な値段(笑)なものですから、買うの躊躇していたんですけど、本当にこのガーコちゃんを気に入っていて、お昼寝する時はよく口にくわえて寝ていたりするくらい気に入っていたものですから、パパは子供の日に買ってあげようと思っていたようです。

このオーガニックのおもちゃには、ガーコちゃんの他にねずみくんとかいちごちゃんなんてあるんですけど、ママ的にはねずみくんもかわいいと思っていて、ママ的にはねずみくんも買って欲しいと思っていましたが、ねずみくんはがーこちゃんより更に200円程値段が高い。
なので、二つ買うのは・・・・と渋っていたパパですが、ママがねばりねずみくんも買ってもらった。
そのねずみくんが、こちら。

IMG_2071.JPG


買ってから、このしっぽすぐにちぎってしまうかと心配したんですけど、案外無事に過ごしています。

文は、ガーコちゃんもねずみくんもお気に召た様で、寝る時はやっぱりねずみくんをくわえて寝ていました。
驚いたのは、朝起きてきた時、いつもはふらふらと起きてきて、マットの上に上がってボーっとしているのですが、その日は勢い良くリビングへ来たかと思ったら、まっすぐおもちゃの入っているカゴのところへ行き頭を突っ込んでゴソゴソと何かを探していたんです。
しばらく何かを探していると思ったら、顔を出した時ねずみくんを咥え、満足そうにマットの上へ行きねずみくんをそばに置いてました。

何がいいのか、本当にガーコちゃんとねずみくんは文の一番大好きなおもちゃの様です。(^_^)☆


そして、子供の日のプレゼントとして、ママから文にネックレスを作って見ました。

羊毛フェルトでハートを作り、ネックレスにしてみました。

IMG_2078.JPG

IMG_2072.JPG

IMG_2074.JPG

色違いで、幼稚園の先生が最近飼われたチワワのたけとらくんにもネックレスをプレゼントしたのですが(写真を撮るの忘れて渡してしまいましたか、色はレインボーです)、すごく喜んでくださって、レッスン中にもたけとらくんにネックレスをつけていたら、生徒さんの飼い主さんたちから「かわいい♡どこで買われたんですか?うちの子にもつけたい。」って言われたとかで、先生から「仕事にしたらいいのに。」なんて言われてしまいました。(⌒-⌒; )

まぁ、注文してくださる方がいたら・・・・と思いつつも、結構地味にチクチク針を刺すのって疲れるんですよね。
私の様な気分で作る人は、商売できないので、人にプレゼントして喜んでくれる顔を見るのが一番なんですよね。(^_^)☆