So-net無料ブログ作成
検索選択

水曜日☆ [何でもない日]

水曜日。

週に一度、一人暮らしをしている母の所へ行く日。
87歳の母は、8年前に父が他界してからずっと一人暮らし。
見た目は、決して87歳には見えず、娘の私が言うのも変ですが、歩かず顔だけ見ていれば70台半ばからちょっと入ったくらいにしか見えない。

とは言っても、87歳には変わりなく、体の方は腰や膝が痛かったり、2〜年前辺りから耳が聞こえにくくなり、最近では益々耳が聞こえにくくなってきたと嘆く。

しかし、耳が聞こえにくくても補聴器をしたがらず、それでも公の場で相手の言ってる事が聞こえにくいのでは・・・・ということで、昨年病院や市役所や銀行で話をする時だけ使う補聴器・・・・というか、相手の声を大きくする様な機械を買って持ち歩く様にした。
けれど、この機械は音を大きくするだけなので、雑音を消すことはできない。
その為、母は使いたくないと言って引き出しにしまいっぱなし。

母を悪くは言いたくないが、昔から少しでも気に入らないと、どんなに高いものでも捨ててしまったり閉まったままにする。
我儘というか気ままというか、困った性格。

ところが、本当に最近は耳が聞こえにくいらしく、補聴器を欲しい様な話をしてきた。
が・・・・
私、物を無駄にする母がとっても許せない。
でも、耳が聞こえないのは困る。

耳が聞こえないということは、言葉の判別ができなくなって脳にもかなりの影響がある。
それで、補聴器のレンタルをすることにしてみた。
レンタルなら、気に入らなければ返すだけ。
無駄にならない。

それで、母を連れてメガネ屋さんへ。

色々耳のチェックをしてもらい、母の耳にあった音の大きさに調整してもらい、補聴器生活開始。


補聴器を付けてもらった後、すぐには帰らず近くのカフェでお茶をしていくことにした。
それは、しばらく会話をしながら不具合を感じたら、もう一度お店の方へ伺おうと思ったから。

お茶をしていると、母が「ねぇ、私の顔の表情変わった?」って聞くので、「表情?」ってと聞き返したら、「いつも、耳が聞こえにくいから、人と会話する時不安で、きっとその不安が表情に出ていたと思うの。」と。
なるほど・・・・でも私「特に変わっていないと思う。それに、お母さんは私と話す時、いつも強気で不安な顔してないし・・・・」と嫌味を。(笑)

なんて、どうでもいい話を話していると・・・・

あっ!違うかも。

話をしている母の顔、やっぱり違うと感じたんです。

不安な表情がなくなったというのではなくて、「しっかりした顔」になったというのでしょうか。
人の話を理解して会話しているという顔をしているんです。

本人に、「顔の表情、確かに違う。しっかりした顔になったようにおもうよ。」って言ったら、とても嬉しそうな顔をする母。


補聴器の効果、実感してくれたかな?

レンタルの使用期間は、2週間。
その間にも、色々調整してくれるらしく、また来週お店の方へ行って使いにくいところを直してもらうことになっている。
この2週間で、補聴器に慣れてくれたら、本格的に補聴器を買うことにしている。

でも、母は「レンタルだと気を使うからこれ買ってもいいんだけど」なんて言うけれど、幾つになっても自分の性格を理解してない母に苦笑いの私。


歳を重ねる度に、体の不調がおこり、目が見えにくくなったり耳が聞こえにくくなったりするけれど、それは仕方ないこと。
だから、メガネや補聴器、歩きづらいのであれば杖をつかうなど、いろんなツールを使いながら、少しでも快適に生活をしていってくれたらと願う。






今月は、母の救急車騒ぎがあったり、パパのお父さんが急に入院したりとバタバタな我が家。
気がついたら、ブログもずっとお休みしてしまいました。
書きたい事も色々あって、途中まで書き止めてしまったものも。
そんな時、テレビで「水曜郵便局」(ちょっと、名前あやふや)を知りました。
その郵便局は、廃校になった小学校を利用してつくられた郵便局。
水曜というのは、その小学校が海の上にあり、学校の窓からつりをしたり出来る学校だったか。(すみません、家の仕事をしながら聞いていたので、正しいか)

さて、その水曜郵便局に届けられる手紙は、日常の何気ない話を書いて送られてきます。
そして、送られてきた手紙は、同じように手紙を送ってきた人の中から違う差出人に送られる。
要するに、自分の書いた手紙は自分の知らない人の所へ送られて、自分の所へはまた知らない人が書いた水曜日のお話が送られてくるんです。

聞いいてて、何気ない1日の出来事を自分の知らない人が読むって、何か変な気もしますが、でも何か温かい感じもして素敵だななんて思ったりもしたんです。


それで、私も真似して「水曜日」のお話として母との水曜日を書いてみました。(^_^)☆


どこかへ行った話とか、なにか特別な事があった話ではなく、普通の日常の話・・・・つまんないようだけどつまんなくないようなそんな話を書いてもいいのかな・・・・なんて思ったりしました。


久しぶりに書いたブログ、母のつまらない話ですみません。(⌒-⌒; )


それでは、お口直しに・・・・

IMG_2011.JPG

ならないかもしれませんが、文くん最近またまた成長しパワーアップ。
いつまで成長するのか・・・・ちょっと恐怖におののいているママです。(⌒-⌒; )


お嫁入り☆ [雑感]

タイトル読んで、「娘さん?」と思われた方が、もしいらっしゃったとしたら、誤解をさせて申し訳ございません。
娘ではありません。(⌒-⌒; )

お嫁入りは、娘の使っていた「ピアノ」なんです。

色々考え、ピアノを処分する事にしました。


IMG_1977.JPG


今あるピアノは2台目で、1台目は娘が1歳8ヶ月から音楽教室へ通い始めた時に買いました。
そのあと、だんだんレベルが上がってきてピアノコンクールへ出るようになったり、ちょっとした賞を頂けるようになった時、夜も練習できる消音タイプのピアノに買い換えたんです。

しかし・・・・
娘が中学へ入ると、彼女は吹奏楽部へ入りtubaを吹き始めました。
部活は、毎日でお休みは殆どなく、一年に一度お盆の時だけお休みという生活。
それでも、ピアノのレッスンへは通っていたんですが、うちでピアノを弾く事が少なくなってました。
部活が忙しいので、ピアノのレッスンへ通うのも大変でしたが、彼女がレッスンを休まなかったのは、大学は音大が美大と決めていたからなんです。
絵画教室も通っていたんですが、些か絵画教室へ通う時間は作れなくなってきた時、先生に相談したら「本気で美大に行きたいなら、遅くても中三で戻ってきなさいと言われましたが、そのころには彼女の中で進路は決まっていて、音大へ進む事になっていたようです。
それで、高校2年までピアノのレッスンは続けていたんです。

でも、音大への進学は決めていたのですが、進む方向は色々変わって行き、少しずつピアノに触れる時間がなくなってきたんです。
それでも、毎年ピアノの調律は続けてきたのですが、昨年は完璧にピアノを弾く時がなかった。
そうなると、ピアノを弾かないのに毎年調律をお願いしているのも無駄な事をしているようにも思えてきたんです。

娘に相談したところ、あまりピアノに執着はないようで・・・・というか、今度お友達の楽団に誘われ、トロンボーンをやろうと思うなんて言い出したので、益々ピアノの必要性はなくなったわけです。
(娘は、大学でトロンボーンをやっていたんです。)

その話を聞いてから、真剣にピアノの引き取り先を探し、「ここなら・・・・」というところを見つけ、先日引き取りに来てもらいました。

長年我が家で一緒に暮らしてきたピアノは、娘をお嫁に出す気持ちになりました。
思い出も、沢山ありましたから・・・・

そうそう。
お嫁に出す前夜、その日は娘がお休みで夕食が終わってコーヒータイムになった時、娘が「弾き納め」と言って、ピアノを弾いてくれてミニミニコンサートを開いてくれました。

すると、文が・・・・


今まで、ピアノの調律の音は耳にしていても、メロディーを聴いた事がなかったせいか、それまで遊んでいた文が、娘の奏でるメロディーをずっと聞き入っていました。
家族皆んなで、楽しいひと時が過ごせました。



IMG_1978.JPG

「おねえちゃんが、何かきれいな音を出してたよ。ふしぎだったよ。」

翌日、このピアノがまた綺麗な姿になって、音楽が大好きな方のところへ嫁げることを祈り送り出しました。


今回、ピアノを手放すことを決めたのは、娘が弾かなくなったってこともあるのですが、これから私たちも年をとって、自分が思った様な行動が出来なくなってからではピアノの処分も難しくなるので今のうちにという気持ちからなんです。
今「断捨離」が流行っていますが、このピアノを処分したことで、家の中を片付けるキッカケになった様で、これからもっと家の中を軽いものにしていこうと・・・・

必要最低限の生活に憧れる私です。



マッチョ・・・・?☆ [文日記]

やっと、暖かくなってきてホッとする日々ですね。
そんな時、またまた母が救急車のお世話になり、その為私もバタバタしてしまい、ブログが書きかけのままとなっていました。
なので、話が古い物となってしまいましたが、せっかく書いたので掲載させていただく事にしました。

話は、先週の木曜日の文のトリミングの時の事です。
トリミングは、いつも朝一番の時間で予約をしているので、9時には病院へ行かなくてはいけません。
でも、前日の夜雪が振り、道には雪はないものの、木の上や家の屋根の上は真っ白。
空気も冷たくあまりの寒さに、文をどうやって病院へ連れて行くか悩んでしまいました。
車でも良いのですが、車が暖まるまでに病院へ着いてしまうので、あまり車で行く意味がない。
かと言って、バッグも・・・・

文は、外の空気を吸うと、お腹がグルッと来て用を足したくなる。
なので、寒くて歩かせるのはかわいそうだけど、やっぱり「歩きだぁ〜」って事で、お散歩しながら病院へ。
そして、病院へ着いて汚れた足やお腹を拭いていると、文の様子が・・・・
震えている・・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

そう、本当に寒かったんです。
だから、裸足で冷たいコンクリートの上を歩く文は、人間以上に冷えてしまうんですよね。(⌒-⌒; )

取り敢えず、マイクロバブルバスに入って体を温めてもらうことに・・・・。


さて、12時過ぎに文を迎えに行き、文を引き取る前に受付で支払いを済ませている時・・・・
いつも、フィラリア予防のお薬(文は一年中飲んでます)ノミダニ駆除、回虫駆除(予防の為飲んでます)のお薬を頂くのですが、その時お薬の入ってる袋に書かれている文の体重を見て・・・ガックリ。

「体重、増えているぅ〜」

文くん、何故か体重が常にジリジリ増えていて、止まる様子がない。
まぁ、言われている体重までには達していないせいなのか・・・・
このところ、ドッグフードに飽きてしまったのか食べてくれなかったんです。
おやつも、そんなにあげていないんですけど・・・・何故?

そんな事を、いつも受け付ける看護師さんに話して「もう、空気吸うだけでも太る体質なのかしら?」と言ったら大笑いして「でも、文ちゃん太っている様な体型ではないですよ。」と・・・・
そして、次に出たことばが・・・・


「でも、文ちゃんの上半身マッチョな感じですよね。」


「マッチョ」

思わず、笑ってしまいました。

確かに、文は胸の辺りが厚い。
洋服を買う時、首が細いのに胸が太いのでサイズ選びは大変なんです。
それに、日頃の動きを見ていると上半身マッチョになる様なトレーニングしているんです。(⌒-⌒; )

ジャンプ力があるんですが、そのせいか高い場所でもよじ登ってきます。

ママとパパのベッド、昨年マットを変えたのですが、変えたら高さが前のマットの倍と言っていいくらいの高さになったにもかかわらず、文くん上がるんです。
そのほかにも、家の中あまり物がないっていうのもあるんですが、アジリティーでも楽しむ様に走り回ったり登ったり潜ったりと、日々トレーニング。
これが、マッチョになった原因の様です。

という事で、文の体重増加の原因は、筋肉が増えていっているから・・・・・という結論に。

本当に、そうなのかなぁ〜(⌒-⌒; )


で、今回のトリミング後の文くんは、こんな感じに出来上がり。

IMG_2891.JPG

毛は、カットしても何故か代わり映えのない文です。
今回は、文のチョンチョリンにリボンをつけてくれました。
いつもは、文の付けていった髪飾りをそのまま付けてくれて、その代わりチョーカーとかバンダナを付けてくれていましたが、今回はタートルの服を着ていたので、リボンをつけてくれたようです。
男の子なので、色を気にしてくれたようです。(⌒-⌒; )

IMG_1969.JPG

「ママ、なんでボクはチョンチョリンにしゅるんでしゅか?」

「ん〜 似合うんじゃないかなぁ〜って思うから♡」



さて、今日の文ですが、突然おもちゃ相手にお部屋の中を暴走していると思っていたらも急に静かになって、様子を見てみたら・・・・

IMG_2897.JPG

お腹が空いたからといって、ご飯を食べるわけでもなく、おやつばかり欲しがる文。
最近、ドッグフードに飽きてきたようで食べなくなってきてしまいました。
毎食、食べさせるのに苦労するママです。(⌒-⌒; )